産毛剃り後のトラブル、肌がかゆい

産毛剃り後のトラブル、肌がかゆい

女性は男性とは違って、体毛が黒々と目立っていることはタブー視される傾向が強いので、定期的にきちんと処理をしておかなければなりません。

 

それは、身体に限らず顔も同様で、意外とびっしりと生えている顔の産毛も綺麗に処理をしておかないと、だらしがなく見られてしまうだけでなく、メイクもうまく乗らず、くすみがちな肌に見えてしまいます。

 

広範囲を一気に処理でき、コストもかからないものというと、やはりカミソリで、自己処理方法としてはもっともポピュラーなアイテムとされています。

 

しかし、カミソリは、目には見えていなくても、薄く皮膚を一緒にそぎ落としてしまうことがあり、肌質や、処理後のケアいかんによっては、肌の乾燥を進めてしまうことにより、様々なトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

 

特に敏感肌の方は注意が必要で、カミソリをあてた部分が赤くなったり、腫れたり、猛烈にかゆいという状態になってしまうこともあり、かなりのストレスです。

 

顔にこのようなトラブルが生じてしまうと大変なので、違う方法での処理がおすすめで、顔の産毛専用に開発された抑毛クリームや電動シェーバーなどは、敏感肌でも安心して使えます。美容皮膚科で医師による医療脱毛を受けるのもおすすめです。

 

 

カミソリ負けしない、顔の産毛処理方法

ムダ毛と言うと手や足、両脇に生えているものをイメージする人が多いかと思います。これらの部位に生えているムダ毛は人目に付きやすいため、脱毛で綺麗に処理している人も少なくありません。ですが、ムダ毛は顔にも生えているので、綺麗に処理するよう心がけてみましょう。

 

顔に生えているムダ毛は細く、産毛状態で目立ちにくいという特徴があります。ですが、産毛を処理すれば肌色がワントーン明るくなると同時に、肌の透明感もアップさせることが期待できます。さらに、ムダ毛に邪魔されることなく肌に直接化粧下地やファンデーションを乗せることができるので、メイクの持ちも長くさせることができます。

 

顔は肌が非常にデリケートなため、カミソリ負けに注意しながらシェービングするようにしましょう。それには、正しいムダ毛処理の仕方を覚えることが大切になります。

 

ムダ毛を処理する前は、化粧水を使って肌を十分に潤すようにしましょう。そうすることで、肌を刺激から守ることができます。さらにカミソリを使用する前にシェービングクリームを使うようにしましょう。

 

カミソリは毛の流れにそって動かすことで、カミソリ負けを防ぐことが可能です。さらに、何度も同じ場所を剃るのではなく、一回だけ剃るようにするだけで、刺激を弱めることができます。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?